堺南ボーイズの今後について

2019年4月23日

表記にある代表からのご挨拶にありますように、堺南ボーイズは、今後の活動を堺ビッグボーイズに合流する運びとなりました。

これに至る経緯は、大倉永久名誉顧問が生前から、常に仰っておられた「小中一貫指導」を目的とした意志を受け継いでやっていきたい思いがあったからであります。

堺南でこれから立ち上げていくには、今直ぐ選手達に十分な、練習場所などの環境・指導者・財力を提供してあげる事が出来ません。

理想を求め、「一緒にやってきたメンバーでそのまま中学部で!」などと世の中甘いものではないと私も重々承知であります。

「強いチーム!」

「甲子園の常連校に選手を送る!」

のようなチーム作りも私には魅力は感じませんし、その力もまだありません。

小学部のこれまでも、そこをゴールにチーム作り、選手育成に時間を注いできたわけではありません。

これまで、ブログでもお伝えしてきましたように末永く野球に携わっていける(プレイヤーとしてだけではなく、指導者や今後の人生においての人間関係を含めて)ようアプローチして参りました。

その中で、小学生時期に教えられる事は限られています。

詰め込み過ぎた指導にならないように、

「これは、まだ今の段階で言う必要はない」

「もう少し体が強くなってから」

「これが確実に出来るようになってから」

「怪我をしにくい体作りのためのトレーニング」

等、辛抱しながらやっている事もたくさんあります。

しかし次の段階の事を教えられる頃になると卒団。。。

中学生レベルで教えてあげたい事、たくさんあるんですね。

そんな中、深い考えを持っているチーム力、指導力のある堺ビッグボーイズに入れて頂くという運びになりました。

堺ビッグボーイズ・瀬野代表は、私の恩師であり、大倉永久名誉顧問の教え子という深いご縁もあり、生前からお二人で野球界の今後、選手育成のお考えについて熱くたくさんお話されておられました。

『指導側の満足な指導ではなく子供たちにとって「最適の指導」を行う』

これを念頭に!

また、微力ではございますが、堺ビッグボーイズでもチームに携わらせていただき少しでも野球界の発展に繋がっていくよう精進し、選手達と「CHALLENGE」し続けて参ります!

また今後ともよろしくお願い致します。

監督 T