高石大会優勝!!

2018年11月28日

11月18日から行われた高石市長杯争奪高石大会、二回戦からの出場でしたが、4連勝し、決勝戦では5点差をひっくり返し、逆転優勝しました!

 

今日は決勝戦の展開・選手とのやり取りをご紹介します。

 

ゲーム序盤から出塁しながら、大事なところで走塁ミスでのアウトが続いてしまいます。

そうこうしている間にホームランを打たれたり連打をされたりと点を積み重ねられ4回終わって5-0。

攻撃もチグハグで選手は「チ~ン」(笑)

テンションもダダ下がり。「逆転するぞー」とエンジン組んでいるものの形だけの雰囲気は諦めモード。

私自身も作戦的にも弱気になってしまっているなあと反省。

 

展開的にも選手の立場で考えるとしょうがないなと思いましたが、

「せっかくこの決勝の舞台でやってるのに、このまま終わったら、何にも残らんで。

『あ~うまくいかんかった(+_+)反省や~(+_+)』

で終わりや。こないだの関西秋季大会決勝と同じことになる。それはやめようや。前の経験生かそう。

勝ち負けええから、この逆境に向き合って何か爪痕残そう。それが前回から成長したという証やで。それを形にしてこのゲーム終わろうや。

ミスもあるしうまくいかんこともある。

だからなんやねん。あってもええねん。

お前らいろんな事に向き合って練習してきたんやで。

なにくそなにくそや!

自信持ってそれぞれの力発揮してこい。そしてそれをみんなで繋いでいけ👍!

このゲーム終わった後、ちょっとは『オモろかったな!』って帰ろう!」

 

そう言って送り出しました。

それから、全員で繋ぎ、最終回ついに追いつき、延長戦で逆転勝ち!

ベンチメンバー16人全員出場!の素晴らしいチームワークを発揮しました。

「この子ら凄いなあ」

自チームながら感服させられました。

 

ゲームに勝った事よりも壁に立ち向かい、全員で乗り切ったこの事実に自信を持ち、

「どんな事からも諦めない!逃げたらそこから得るものは何もないんだ!!

だからといって言うだけでは成し遂げられない。普段からの取り組みがあってこそ!」

選手たちにはこのことを忘れないように!!

また一緒に次に向かっていこうと思います。今回も子供達にたくさん学ばせてもらいました!

 

大会関係者の皆様ありがとうございました。

監督 T